ホームページへようこそ

      
           



〒664-0888
兵庫県伊丹市昆陽南2丁目1番55  
電話(072)779-6137  
FAX(072)783-7649
               
 

校長の挨拶

           学校経営方針  ~学校長からのメッセージ~

 摂陽小学校は、昭和49年に稲野小学校に併設開校され、市内13番目の小学校として誕生しました。人権・同和教育に視点を置き、目の前の子どもたちに向き合い、徹底して関わりながら、一人ひとりの持てる力を伸ばす教育を開校以来今日に至るまで、進めてまいりました。子どもたちを取り巻く社会は、大きく変わりましたが、摂陽小学校が大切にしてまいりましたこの姿勢は、開校以来今も変わらず大切にしております。

                基本理念 -さまざまなことの基になる考え方

 1 学校は、自他の基本的人権が尊重される学習の場である。よって、学校は、子どもたちが自尊感情をはぐくみ、人権感覚をはぐくむ場となる。

 2 学校は、一人ひとりの子どもの持つ力を高め伸ばす学習の場である。



                平成31年度(2019年度) 学校教育目標

      やさしく かしこく すこやかに

                -命を大切に・人を大切に・物を大切に- 

 めざす子ども像

(1)  進んで明るいあいさつができる子ども

(2)  自分も仲間も大切にし、命や人権の大切さに気づける子ども

(3)  意欲的に学び、何ごとにもあきらめず最後まで取り組める子ども

(4)  自分の思いを伝え、人の話を聞ける子ども

 具体的な手立て
(1)学ぶことの楽しさやわかることの喜びを感じる授業の工夫を行います。
(2)朝の学習や読書、スピーチ等により落ち着いた一日の始まりを習慣づけます。
(3)発達段階に応じて、さまざまな本との出合いを用意します。低学年から絵本の読み聞かせも行います。
(4)進んで図書室に行き、読書をしたり、調べ物をしたりする子どもを育てます。
(5)子どもたちに自分の思いを伝えたり「聞き入る(聞くことに集中する)」経験をさせます。そのための場づくりを行います。
(6)子どもたちが、人を大切にしたり、物を大切にしたり、学校生活を丁寧にできるよう支援します。その一環として、環境を整える清掃活動にも努めます。
(7)家庭で、地域で、学校で「おはようございます」「ありがとうございます」「ごめんなさい」「おねがいします」等、挨拶がしっかりできる子どもを育てます。